文化農場記

10 « 2009 / 11 » 12  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
11月の記事一覧
--/--/-- --  --:--:-- » E d i t

 » スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/11/13 Fri  16:01:08 » E d i t

 » 100km/h超高速スライドショーで体感する中山道:その1 

いや~、オモシロイ体感をした時間でした。
妄想農場Vol.6の新世代シリーズのトップバッター竹岡くんの、旅と移動と映像が融合した中山道の旅報告。日本橋から京都・三条まで540?を3週間かけ徒歩で歩きながら、100mおきに約5400枚の記録写真をとったというのですから、それだけでも凄い。その全行程を3枚/秒で30分間連続映写。目が回るかと思いきや大丈夫。

091112妄想6_2


中山道としては今も無事つながっているのに、まちの風景が明らかに切り替わるポイントがくっきり見えてくる。東のエリアと西のエリアでは中山道の雰囲気は明らかなに違う。何がそう感じさせるかはよくわからないが。

この旅は、4年前卒論を書くために行ったものとか。目的は「歩いて家に帰る」という極めてシンプル。このシンプルさが、じつは結構重要なキーワードになっていることはあとから判明してくる。現代の移動が「目的」に向かって一直線に「早く」到達することが第一義になっているなかで、歩くということ、しかも「一人で・淡々と歩く」ということが、いかに豊かな時間と身体感覚を取り戻させてくれるかを感じさせてくれました。その話は、また続きの報告で。

100mおきに写真を撮るのって大変じゃない?との問いに、3日目くらいから歩くリズムを身体が理解して、殆ど歩行計を使わないでも正確に距離をキャッチできるようになったとか。「ナンバ歩き」の合理性、音楽を聴くより風の音が楽しかったなど、へ~ぇというリアルな体感話はつきず。


091112妄想6_1
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。