FC2ブログ

文化農場記

10 « 2009 / 11 » 12  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
11月の記事一覧
--/--/-- --  --:--:-- » E d i t

 » スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/11/17 Tue  01:42:57 » E d i t

 » 100km/h超高速スライドショーで体感する中山道:その2 

超高速スライドショーの話を超スローに語ること。ま、いいか。竹岡くんも中山道の旅から帰って4年近く体験&写真を寝かしてから発表しはじめたんだし。

淡々と540キロを歩く気分てどんなんだろう。ランナーズハイとは違った「地球的感覚」が生まれてくるのだそうだ。歩いていると自然に身体との対話ができるともいう。普段の生活が「特殊」であり、歩くことで自分の「常」に出会えるとも。なんだか禅問答をしているように聞こえるかもしれないですね。でも、納得できるところあり。こうして昔の人たちは一人で歩くことで「常」に出会う旅をしていたのかな。今どきの、ナンとかウォークが魅力的でない理由もよくわかる。

歩きながら撮った5400枚の写真の一枚一枚は、ほとんど同じ位置から撮影しているのでシンプルかつ情報量が少ない。でもそれを連続して見る事でかえって想像力が刺激されるのは
過日の「remoscope」にも通じるところがあるのかも。

歩くことに音楽は不要だった。風の音、雨が降りそうな匂い、そんなことがだんだんわかるようになってくると言う話は、とてもステキだった。時間をたっぷりかけて単純に歩くことを私もしたくなった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。