文化農場記

06 « 2018 / 07 » 08  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
このページの記事一覧
--/--/-- --  --:--:-- » E d i t

 » スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2011/02/04 Fri  11:03:38 » E d i t

 » 「本は、これから」を実験読書する:その1 

半年お休みしていた妄想読書部再開1回目を1/28に行ないました。参加者7名。
テキストは池沢夏樹編「本は、これから」。ナビゲーターは丸井さん。前にも一度行なった“ドラフト会議方式”で本を読むという実験。
収録されている37編のエッセイから参加者がドラフト一位選手(エッセイ)を選び、選択理由を語るというもの。選択対象が被るとじゃんけんで勝った人だけに発表権が渡り、負けた人は別のエッセイを外れ一位として選択し直さなければなりません。

これをドラフト二位三位と続けていくと、段々選択理由を語るのが難しいエッセイが残っていくことになります。それでもその中から選手(エッセイ)を選び、責任を持って獲得選手の選択根拠を語らなければならないのがこの実験読書のミソ。
この方式は「ゲーム感覚で本を読む」オモシロさ、参加者の目のつけどころが見えて来て、なかなかオモシロイ。他の参加者の雰囲気や選択傾向を見て、敢えて自分のイチ押し選手を取らずに残しておくというゲームの楽しみ方もあります(ただ、発案者の丸井さんは戦略を立て過ぎて、希望選手を取り逃してばかりいました)。

結果は下記
橋本:1. 菊地成孔  2. 今福龍太(岡崎乾二郎) 3. 長谷川一     1勝1敗
松本:1. 松岡正剛  2. 最相葉月  3. 吉野朔実(長谷川一)     1勝1敗
高木:1. 池上彰   2. 四釜裕子  3. 南陀楼綾繁         1勝0敗
佐藤:1. 幅允孝   2. 岡崎乾二郎 3. 成毛眞           1勝0敗
伊熊:1. 石川直樹  2. 池内了   3. 西垣通           0勝0敗
高嶋:1. 出久根達郎 2. 原研哉   3. 内田樹           0勝0敗
丸井:1. 中野三敏(松岡正剛)  2. 長尾真 3. 紀田順一郎(南陀楼綾繁)  0勝2敗

余り(時間足りずでドラフト出来ず):
岩楯幸雄、上野千鶴子、長田弘、桂川潤、五味太郎、柴野京子、鈴木敏夫、
外岡秀俊、田口久美子、土屋俊、常世田良、永井伸和、萩野正昭、福原義春、
宮下志朗

肝心の話の内容は次回アップします。
スポンサーサイト

»コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

»トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ncf0303.blog68.fc2.com/tb.php/113-bd9817dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。