FC2ブログ

文化農場記

11 « 2018 / 12 » 01  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
このページの記事一覧
--/--/-- --  --:--:-- » E d i t

 » スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2009/06/27 Sat  00:01:02 » E d i t

 » 「見る」ことの妄想力 

090625_妄想01_bin

0303妄想農場シリーズの第1回「近景・遠景・未来景」が昨日スタート。映像をメイン素材にしたコミュニケーションの未来景を探るのが今回の狙い。いやぁ実に刺激的でした。


090625_妄想01_kandan  090625_妄想01_sanka1   090625_妄想01_sanka2

阪大CSCDの久保田テツさんのTV画像を素材にした「見る」こと「見せられる」ことによる想像力・妄想力の摩耗の話は、映像、特にTV映像が空気のような存在になっているだけに、目から鱗の鮮やかな切り口でした。話しを聞きながら、先日聞いた平田オリザ&ミシェル・ヴィナヴェールの「日常の演劇」の話とも通底するものを実感。
一方、対極的な形で提示された吉村麻紀さんの「世界の特選CM」の紹介もとっても新鮮だった。海外CMはいつもながら、文化の違いでは済まないモノを感じる。こういう映像が日常的にどれくらい流れているのかわからないけれど、CMを制作させる企業の姿勢、受け入れる社会を限りなく羨ましく思う。
日本企業だって結構ステキなCMを海外では流しているのを紹介されると呆然とする。国内はこの種のモノでないとうけないと思ってるのか、ユーザーをバカにするなと言いたくなる。羨んでばかりいても仕方ないのだが・・・。
対極的でありながら共通する問題を提起してくれた今回のテーマは、できたらまた機会をつくって続編したいな。参加くださった多ジャンルのユニークな方々とのアフタートーク&ドリンクタイムは尽きる事なく、終電間際まで話し続けた一夜でした。
7月のVol.2「春樹妄想:1Q84を読む」も楽しみ。



スポンサーサイト

»コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

»トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ncf0303.blog68.fc2.com/tb.php/27-4bd64d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。