文化農場記

06 « 2018 / 07 » 08  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
カテゴリー 読書会 の記事一覧
--/--/-- --  --:--:-- » E d i t

 » スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --

top △ 
2011/07/05 Tue  18:25:30 » E d i t

 » ウメサオタダオ「情報の文明学」を読む 

なんというヒトだろう。50年前にこんな予想をしていたとは。昨年亡くなられた知の巨人「ウメサオタダオ」の展覧会の展示企画を担当されたキタムラアキラさんをナビゲーターに「情報の文明学」を読むという贅沢な会になりました。まずは展覧会を巡る話を少々。
「忘れるために記録する」と言われていた記録魔。その積層され、整理が行き届いた情報があったために、準備が短期間だったにもかかわらずサクサクと企画から展示作業ができたこと。展示空間は明快・簡潔で誰でも理解できる言葉で表現された思想の森を探検するイメージで構成されているとか。
 
 京大式カードによる記録/整理は、情報を「他者も共有・共用する」ことを念頭に置かれていたこと、自分の行為を客観視し、自分の位置を確認するためでもあったという。生涯にわたって続けられたこのシステムは、「回り道を恐れないポジティブな発想」の土壌を作っていたのでは。
さて本題の情報の文明学。ウメサオさんの情報に対する解釈、態度で特に参加者の共感を呼んだのは、
情報を「こんにゃく」「お布施」「ふりかけ」でとらえていること。特に「自分の納得で価値を決める情報お布施説」や「情報は受け手自身が欲しいものを引き出すもの」、CPUについて触れていないのは、意図的だったかどうか分からないが、今でも古さを感じさせないポイントになっている。他者の資料より自分の体験から世界を理解したウメサオさん、視力を失った後で、何でもネット検索でコト済ます現代をどのように見ていたか、反論したか聞いてみたかったなあ。
 また「アマチュア思想家宣言」に見るように、“市民には知的センスがあるはず“との思いを民博の展示にも反映し構造展示にしたこと、自身の研究対象に「ヒエラルキーのない群れ」を選んだことにもつながっているが、ここには「みんなのため」が「クリエイティビティの弱さ」にも通じるのでは、などのコメントも。いずれにしても一人でこんなに広く大きい世界を見通した巨人は、当面でないだろうな、残念だけど。(はしもと)
2011/05/29 Sun  11:37:17 » E d i t

 » 妄想する女:岡本かの子を読む 

今どき「すぐ役に立たない本を読む」ことをモットーにしている妄想読書部。最近のテキスト選択はなかなか渋い路線を辿りつつあります。5月のお題は岡本かの子の「老妓抄」と「家霊」。
今回は新人(医学系&TV番組制作系)の参加もあって、話は深く・広く。表現は時代を反映した堅さがあるが、錯倒しているようで、実は誰でも持っている屈折した気持ちをよくとらえているよね。女を捨てず、生涯を通して平凡に生きないつらさを通したかの子的生き方は、今の時代では不可能に近い?一平や回りの男性たちのかの子への奉仕は、
「父性を刺激する女」だったから?短歌も魅力てきだな、などなど。
詳しい内容は妄想読書部MLのご参加いただけると読めます。
次回は、再評価の高い梅棹忠夫の「情報の文明学」に。
2011/04/14 Thu  10:34:20 » E d i t

 » 妄想読書部:泉鏡花:つづき 

泉鏡花:先ほどの続きです。高野聖でこんなに盛り上がるって、古典の威力!ですね。いや、読み手次第?

・日本の昔話、教訓めいたお話なのか!?
「女性に惑わされてはだめよという怖い教訓話だと思った」という若手読者の意見に対して、ナビゲータの井熊さんの、とある離島での体験の暴露話(ここでは秘め話としておきます)を通しての物語への共感をご披露いただき、ひとしきり、「男ってさ~」の議論。一方の女性陣は、「ヒルの描写が恐ろしくって、電車で読んだけど帰り道が怖かった・・・これを書きたかっただけでは?」などの意見も。ここから鏡花はいったい何が書きたかったのか、の話へ移行します。

・理系読みと文系読み、どちら?
「友人から聞いた話をもとにしているので、話がパーツパーツで終わっていて、ストーリーに一貫性がない。」「途中で尻切れトンボのネタも多く、あれはどうなったの?という箇所も多い」という意見から、理系と文系の読書の仕方の比較論に。ストーリーにちゃんと符箋やオチがあって、組み立てがしっかりしていないと気持ちの悪い理系読み、ストーリーに一貫性がなくても作者の満足が充分伝わるからそれでよし、の文系読み。今回、男性(特に大人の(笑))は完全に理系読み派でした。

・やっぱり教訓?それともどんでん返しのホラ話か。
最後に戻るのは、「やはり男はバカだね~、馬にされたり猿にされたり、幸運にも人間のまま帰れたのに戻ろうかな、なんて考える生き物」
でも教訓話ではちょっぴりつまらない。110年も昔の作品なのに、今でもリアルに読み手に想像をかきたてるこの感じは何なのか?
最後までよくわからないことが多い。白子の旦那は何だったの?あのオヤジは何者?どうして僧侶は人間のまま? 「種明かしをしないでフワフワした読後感で終わらせたのが魅力なのでは」というのは文系読みの橋本さん。鏡花はいろんな人間の五感に訴えかけるテクニックがある、ということでは全員一致した意見。
そして、今回の読書会なりのオチ。
『このお話は、全て、オヤジの妄想であり、大ボラ話を高野聖が真に受けちゃったというお話なのでした』
おしまい

中村亜都佐


2011/04/14 Thu  10:30:26 » E d i t

 » 「高野聖」 

3月妄想読書部の「高野聖」の記録、桜満開にあわせて投稿いただきました。

今回の読書本は、泉鏡花の「高野聖」。ちょっぴりリニューアルした文化農場にて行われました。参加者は9名。

・ナビゲータの伊熊さんの「高野聖」選定のきっかけは、建築家の鈴木博之さんが講演の後に読んでいたのが印象

に残っていて、とのこと。この本は東大の必読書にもなっているらしく、それは何故なのか?今泉鏡花のどこが必読なのか?

・まずは、小説の語り方が演劇的であること、戯曲的であることが指摘されて、このような文体についての意見交換。
「読みにくいとは思わなかった、逆に引き込まれていく感じがした」「すごく読みにくい、ゆえに情景が理解しにくいところがあった」「電子書籍では読みにくかった」
などなど。意見は半分に分かれました。
「今では使われない漢字に、細かくルビがうってあるのが却って新鮮、興味深く進められた」という意見には、全員が納得。しばらくは、当時のエリート作家たち、夏目漱石や森鴎外などの文体との比較議論が繰り広げられました。「漱石、鴎外たちは漢文をやっていた人、短い簡潔な文章が特徴、鏡花のようなダラダラ続く文章なんてありえない、鏡花は映像メディアが出る前の映像だった、といえるのでは」にはなるほど共感。

ちょっと長いので、続きは次回。             中村亜都佐
2011/03/28 Mon  18:07:00 » E d i t

 » 「この春」に高野聖を読む:妄想読書部 

“この春”に、妄想読書部は泉鏡花「高野聖」をとりあげました。参加者9名。
大阪から700㌔余のところに、目に見える苦しみと、見えない恐怖にさらされる人々や風景が満ち
あふれる時、100年以上も読み継がれている幻想・怪奇小説をどう読むのか?
果たして読書会は成立する?とナビゲーターの心配は杞憂に終わり、いやいや、参加者の妄想は被災地と
いまここを往還しながら炸裂していました。
詳しくは、記録担当のあずさちゃんメモで近日公開!
妄想読書部の取り上げるテキストは、現代・古典、まぜこぜ気の向くまま。共通するのは
「今、役に立たないホン」ということ。次回は、妄想するおんな「岡本かの子」。どのホンをとりあげるかは
後日お知らせします。(はしもと)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。